エンタメ

【顔画像あり】間瀬翔太の現在の状況 難病に襲われ…なにがあった!?

今回は、イケメン俳優の間瀬翔太さんが話題に上がっているので、取り上げたいと思います。
12月13日放送の「爆報!THEフライデー」で特集され、出演されたことがきっかけなんですね。

元アイドルでイケメン俳優として活動してた間瀬さんですが、

現在約10万に1人がかかるある難病を患いました。

彼はどのような人物で、なぜ難病を患ったのか?

間瀬翔太さんとはどのような人物なのか

2014年当時17歳の時、代々木公園でストリートダンスをしているところをスカウトされ、アイドルグループ「BLIZZARD」のメインボーカルとして華々しくデビュー。

グループ解散後は俳優としてPlayStation4の「龍が如く」「愛なき森で叫べ」「妖ばなし」や、人気漫画の実写化で綾野剛さん主演の「新宿スワン」に出演。

また、2018年には「Butterfly Effect」がテレビドラマ「家政婦は見た!」の
エンディングテーマに起用され、俳優・アーティストとマルチに活躍されていました。

2019年1月には、世界的にも有名な映画監督である園子温から出演オファーを受けるまでに成長し、俳優として日々精力的に活動していたが、同年7月に約10万に1人がかかるという難病「脳動静脈奇形」が発症しました。

間瀬さん自身も、「俳優としてさらに飛躍できるチャンスを掴んだ」と意気込んでいた
矢先の出来事で、仕事は全てキャンセルに。

脳動静脈奇形という難病を患った間瀬翔太

脳動静脈奇形」とは、約10万に1人というまれな血管の病気で、動脈と静脈が短絡し、増加した血流によって静脈が拡張する先天性の病気です。

2019年6月に風邪をひいたような頭痛が始まりで、風邪薬を服用しても治らず

一ヶ月経っても頭痛は治らなかった。

その7月に、レコーディングの最中、突然、後頭部を殴られたようなこれまでに感じたことのない激しい頭痛が起き、自身の体の異変に恐怖を感じ病院へ。

そこで、検査を受けた結果「脳動静脈奇形」と判明。

手術を受けても、今後、言語障害や半身不随になる可能性があるリスクの中、

彼は7時間に及ぶ手術に挑みました。

手術は成功したものの、綺麗な顔立ちがひどく腫れ上がり

顔面崩壊してしまいました。

その当時の姿が

この投稿をInstagramで見る

 

瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿

とても痛ましい姿で、イケメンで整っていた顔はまるで別人のような顔になってしまいました。

その後、間瀬さんはどのように回復したか

手術後は絶望感に打ちひしがれ、不安が大きくなり生にたいし喪失した毎日だったそうです。

しかし、周りの助けや支えがあり、物事を前向きに捉え前進することを決意。

そんな中リハビリに励んでいた間瀬さんの元に憧れの俳優でもある宇梶剛さんが

訪れた。宇梶剛さんといえば元暴走族の総長として有名で知られてますが、実は、

間瀬さんも元暴走族でした。

ファンの間では有名な話で、間瀬さん自身も公言してます。

もうすでにリハビリも終え退院してる間瀬さん。

12月現在ではすでに俳優業に復帰してます。

そんな元気な姿がこちら。

この投稿をInstagramで見る

 

瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿


手術直後は別人かと思うほど、顔の形が変わってましたが

現在は、綺麗に戻り元気な姿が垣間見えます。

最後に

現在は、小児だけしか難病指定されてない「脳動静脈奇形」。

間瀬さんは自身の体験を活かし、星人も難病指定されるようプロジェクトを

立ち上げ、署名活動を邁進しているそうです。

まだまだ苦労することが多々あると思われますが、元気に過ごしていただきたいです。

以上、間瀬翔太さんの現在の状況についてでした。

それでは、このへんで失礼いたします。

 

ABOUT ME
salamander
エンタメやスポーツ、生活に役立つ様々な情報や雑記を楽しく提供したいと思います!それと、時々パパとしての活動も… よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です